不動産の売却が初めての方へ

選ばれるな理由

不動産買い取りの流れ

買取のメリットでメリット

私達の地域へのこだわり

買取余剰金返還システム

  • お客様の声

あららぎ不動産採用情報 笑顔づくりの仲間、募集中

浜松不動産売却センターの3秒査定

売買HP中古住宅・中古マンションナビ

あららぎ不動産コーポレートサイト

TSUNORU2020採用サイト

不動産売却の豆知識

離婚するなら家のローンには気をつけましょう!返済方法をご紹介!

離婚するなら家のローンには気をつけましょう!返済方法をご紹介!

離婚時に多くの夫婦の間でトラブルになりやすいのが、「家のローン」です。
家を共有名義のローンで購入していた場合、どちらが所有するのかなど争いが起きるポイントがいくつかあります。
そこで今回の記事では、離婚時に気をつけたい家のローンについてご紹介します。
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

誰に離婚後の支払い義務が発生するの?

□誰に離婚後の支払い義務が発生するの?

離婚するにあたって、誰に住宅ローンの支払い義務が発生するのかは重要な論点です。
支払い義務がある人がどちらなのかわかっていないと、責任のなすり付け合いになってしまいます。

基本的に、住宅のローンの支払い義務があるのは「名義人」です。
ローンの名義人に自分の名前がない場合、ローンを支払わなければいけない立場ではありません。

例えばこれから返済しなければいけないローンが、500万円あったとします。
この場合、夫婦が折半して250万円ずつ払う必要はありません。
ローンを支払わなければいけないのは、あくまでも名義人です。
住宅ローンは財産分与の対象ではないため、折半する必要はないのです。

ただし、住宅ローンを妻と夫の共有名義で組んでいた場合、それぞれが折半して支払わなければいけません。
どちらがどれくらい支払うのかは、夫婦間で離婚前にきちんと話し合うようにしましょう。

また、混同してはいけないのが、「家の名義人」と「ローンの名義人」です。
家の名義人を変更することは比較的簡単ですが、ローンの名義人や連帯保証人などは変更しにくいため注意が必要です。

連帯保証人は、名義人がローンを返せなくなった場合に代わりに残債を全額返済する義務があります。
連帯保証人はローンを組んだ時点から変更することはできません。
連帯保証人から外れるためには、ローンをすべて返し終えるか、借り換えしなくてはいけません。

共有の名義でローンを組む「ペアローン」では、離婚時にローンの名義を夫婦どちらかの単独名義にすることは難しいです。
なぜなら、ペアローンは夫婦両方の年収から換算されているため、離婚して1人になった場合、これまでのプランと合わなくなってしまうからです。

まずは自身の家にどれくらいの価値があるのかをしっかりと確認してみましょう。
住宅ローンもあとどれほど残っているのかも調べるようにしましょう。

□離婚のパターン別の返済方法について

ここからは、離婚のパターン別にローンの返済方法についてご紹介していきます。
1つ目は、離婚後も名義人が住宅ローンを支払い続け、非名義人が住宅に住むパターンです。
このパターンは最も手続きが難しく、トラブルにもなりやすいです。

返済方法として1番一般的なのは、引き続き名義人がローンを返すパターンです。
非名義人側の生活を心配せず、特に子どもがいる家庭の生活環境を変えなくて良いというメリットがあります。

しかし、非名義人が住宅ローンの残っている家に住み続けることは、あまりおすすめできません。
その場合には、住宅ローンの名義を妻に変更したり、住宅ローンを銀行で借り換えしたりする方法があります。

2つ目は、非名義人が名義人に家賃として支払うパターンです。
この方法の場合、名義人と非名義人が離婚後にも連絡を取る必要があります。
離婚後はできるだけ接触したくないという方は避けた方が良いでしょう。

3つ目は、住宅ローンの名義人が住宅に残って住むパターンです。
これは、離婚後のトラブルが最も少ない方法です。
配偶者との縁を切って、自分の持ち家として自分でローンを支払うため、トラブルが起こりにくいのです。

しかし、完全に自分の持ち家とするには、単独名義のローンが必要です。
もし連帯保証人として配偶者があげられる場合、名義人が支払えなくなると連帯保証人に支払い命令がなされます。

4つ目は、住宅ローンを完済していない家を売りに出すパターンです。

この場合、対応方法が2つに分かれます。

まず、オーバーローンだった場合です。
家の売却価額よりもローンの残債が多い状態をオーバーローンと呼びます。

オーバーローンの場合、家の売却価額と自己資金を使用して完済するか、任意売却することで家を売りに出せます。
任意売却とは、住宅ローンが残っている状態で金融機関の合意のもと、家と土地を売却することです。

次は、アンダーローンだった場合です。
ローン残債よりも売却価額が高くなった場合を、アンダーローンと呼びます。
アンダーローンは住宅ローンを完済できる可能性があるため、最も理想的な売却パターンですよね。

ローンを返済した後に余ったお金は、財産分与として夫婦で分けられます。
経済的な負担もなくなり、かつお金をもらえるのは嬉しいですよね。

離婚のパターン別の返済方法について

□まとめ

浜松市周辺で、住宅の売却でお困りの方は、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。
26年の長い歴史と経験で、お客様の住宅を責任持って買い取らせていただきます。
今回の記事をぜひ参考にして、住宅ローンを検討してみてくださいね。

このページのトップへ

このページのトップへ

Copyright(C)あららぎ不動産株式会社 Inc. All Rights Reserved.