不動産の売却が初めての方へ

選ばれるな理由

不動産買い取りの流れ

買取のメリットでメリット

私達の地域へのこだわり

買取余剰金返還システム

  • お客様の声

あららぎ不動産採用情報 笑顔づくりの仲間、募集中

浜松不動産売却センターの3秒査定

売買HP中古住宅・中古マンションナビ

あららぎ不動産コーポレートサイト

TSUNORU2020採用サイト

不動産売却の豆知識

浜松のプロが解説|契約を結んでいる不動産業者は変更できる?

「不動産業者の担当が少し苦手」
「他の不動産業者の方がよさそう」
不動産の購入は人生の中でもトップクラスにはいる高額な取引ですよね。
そのため、不動産業者についても妥協はなるべくしたくないはずです。
しかし、なかなか変更の連絡はしづらく、またそもそも変更ができるのか不安な方も多いと思います。
そこで今回は不動産業者の変更は可能なのか、またその方法についてご紹介します。

□不動産業者の変更の方法
不動産業者の変更は結論から言うと可能です。
しかし、その契約の内容によっても方法や対応の仕方が変わってきます。
そこで契約の種類別にご説明します。

*一般媒介契約
こちらは一番多いタイプの契約です。
一般媒介契約の特徴はいくつかの業者に仲介の依頼をできることです。
このほかにも自己発見取引といって自分で取引相手を見つけ出して勝手に契約する取引をすることもできます。
しかし、レインズへの登録や報告が義務ではなくなります。
こちらは明確な契約期間はありませんが、行政からは3か月と決められているので3か月だと思っていて大丈夫です。
どの契約の種類でも契約期間が切れた時が、契約解除に1番円満に進むのでおすすめです。
注意点は、一般媒介契約は自動更新が行われてしまうので気づいたら契約が延長していた、なんてことになります。
初めの契約時にこの自動更新について確認しましょう。

*専属専任媒介契約
専属専任媒介契約は一般媒介契約に対して1社だけにしか仲介を依頼しない契約です。
隠れて複数の業者に依頼することも自己発見取引もできません。
しかし、その代わりに気に入った物件をレインズという仲介業者が参考にするデータベースに5日以内に登録してくれる、週一の報告をもらえる、じっくりと納得のいく物件、取引相手を探してくれます。
契約期間が3か月なので、契約期間が終了したら更新に応じなければ大丈夫です。

*専任媒介契約
こちらは専属専任媒介契約と似ていますが、自己発見取引ができることと、レインズへの登録が一週間以内、報告が2週間に1回であることが異なります。
こちらも3か月で期間が切れるので更新しなければ大丈夫です。

□契約期間中の中途解約の方法
上で説明したように、期間が終了してから円満に業者変更するのがおすすめです。
しかし、どうしても期間内に解約したい事情もありますよね。
業者との合意がある場合はスムーズに解約できます。
また、業者側に契約違反などの非がある時にも解約はできます。
問題なのが、こちらの一方的な都合での解約です。
業者が売主に費用を請求する場合があるので注意が必要です。
こうして解約をした後に、他の不動産業者と契約しなおしましょう。

□まとめ
今回は不動産仲介業者との契約の変更についてご紹介しました。
無難なのは契約期間がきれてからの円満な変更です。
リスクなども考慮してご検討ください。

 

お問い合わせ・査定依頼は

↓↓こちらから↓↓

買取LPバナー

ただいま買取キャンペーン中です♪

買取ご成約者様全員に

”10万円分”商品券を

プレゼント!!

このページのトップへ

このページのトップへ

Copyright(C)あららぎ不動産株式会社 Inc. All Rights Reserved.