不動産の売却が初めての方へ

選ばれるな理由

不動産買い取りの流れ

買取のメリットでメリット

私達の地域へのこだわり

買取余剰金返還システム

  • お客様の声

あららぎ不動産採用情報 笑顔づくりの仲間、募集中

浜松不動産売却センターの3秒査定

売買HP中古住宅・中古マンションナビ

あららぎ不動産コーポレートサイト

TSUNORU2020採用サイト

不動産売却の豆知識

実家の相続はするべきか、放棄するべきか|浜松の不動産業者が解説

「親が他界して、実家を相続することになったがどうすればいいかわからない。」
このようなお悩みをお持ちの方は少なくありません。
相続して住み続ける、または売却する方もいれば、相続自体を放棄する方もいます。
どちらの方がよいのでしょうか?
そこで今回は、実家の相続をする方と相続を放棄する方の両方のメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

 

□実家の相続をする

*メリット

実家の相続後、名義を変更すれば、自由にその不動産の売買が可能です。
もちろん、相続人たちとの話し合いは必要ですが、現金化できるので、遺産分割もスムーズになるというメリットがあります。
実家に引っ越して住む方は、税金を払う必要はありますが、ローンを返し終わっている家の場合、生活諸費用だけで生活することが可能です。
また、自分では使わず、他人に賃貸するという方法もあります。
家賃収入を得られるうえに、人が住むことで家も清潔に保たれます。

 

*デメリット

まず、売却しない限り固定資産税はかかり続けます。
住まない家は手入れがされないので、どんどん老朽化が進んでいきます。
住むにしても、売るにしても、木材が腐食したりしていると、リフォームをした方がよいでしょう。
つまり、住宅の管理維持をしなければならないのです。
建物を解体しても、固定資産税が上がるので、金銭的に損をしてしまう恐れがあります。

 

□実家の相続を放棄する

*メリット

買い手が見つからないリスクや、税金や売却諸費用で赤字になってしまうリスクから逃れることができます。
被相続人が作った借金も背負う必要がなくなるので、債権者に取り立てられるようなこともありません。
「誰がこの家を引き継ぐか」などの相続人同士の揉め事にも、関わらないで済みます。

 

*デメリット

実家だけではなく、被相続人の残した遺産のすべてに関して相続することができなくなります。
「不動産を引き継ぐのは面倒くさいけど、お金は欲しい。」
というのも通用しなくなってしまいます。
また、相続放棄を一度宣言するとやり直しができません。
相続放棄をしても、次の相続人が決まるまでは、その家の管理をしなくてはならないので、結局多少は相続に関わることとなるでしょう。

 

□まとめ

実家の相続をするか、相続を放棄するか、双方のメリット・デメリットを紹介してきました。
個人の状況に照らし合わせて比較し、慎重に決断しましょう。
実家をできるだけ早く現金化したい方は、不動産会社に買い取ってもらう方法もありますので、ぜひ一度ご相談ください。

 

お問い合わせ・査定依頼は

↓↓こちらから↓↓

買取LPバナー

ただいま買取キャンペーン中です♪

買取ご成約者様全員に

”10万円分”商品券を

プレゼント!!

このページのトップへ

このページのトップへ

Copyright(C)あららぎ不動産株式会社 Inc. All Rights Reserved.