不動産の売却が初めての方へ

選ばれるな理由

不動産買い取りの流れ

買取のメリットでメリット

私達の地域へのこだわり

買取余剰金返還システム

  • お客様の声

あららぎ不動産採用情報 笑顔づくりの仲間、募集中

浜松不動産売却センターの3秒査定

売買HP中古住宅・中古マンションナビ

あららぎ不動産コーポレートサイト

TSUNORU2020採用サイト

不動産売却の豆知識

住み替えを考えている方必見!住み替え時に利用できるローンについて紹介します!

住み替えを考えている方必見!住み替え時に利用できるローンについて紹介します!_main

「住み替えを行いたいけれど、利用できるローンには何があるのだろうか。」
このような疑問を持っている方はいませんか。
ローンを利用することで、自己資金だけでは行えなかった住み替えもできるようになります。
そこで今回は、住み替え時のローンについて紹介します。

4177891_s

□利用できるローンについて

今の家を購入するときにローンを利用した方がいると思いますが、そのローンの残債の有無によって、住み替え時に利用できるローンは変わります。
まずは残債がない状況、その後に残債がある状況での利用できるローンを確認しましょう。

*残債がない場合について

残債がない方は住宅ローンを通常通り組めます。
残債がないとは、「すでに住宅ローンを完済している」「貯蓄で残債を返済できる」「今の家の売却金額と貯蓄で残債を返済できる」のいずれかを指します。
この場合は売却する家を購入したときと同様にローンを組めます。

ただし、返済期間には注意しましょう。
返済期間をあまりに長く設定した場合、退職した後もローンを返済し続ける必要があり、生活に余裕がなくなる可能性があります。
定年を迎える前に返済し終えるくらいの計画作りをおすすめします。

また、今の家の売却金を利用して残債を返済する方は、「査定金額」と「実際の売却金額」の違いに注意する必要があります。
査定金額と実際の売却金額は同じではありません。
実際の売却金額が査定金額を上回っているときは問題ありませんが、逆の場合は返済しきれずに、予定が崩れる可能性があります。
そのため、先に現在の家を売却して、その後に新居を購入すれば、安心して資金計画を立てられるでしょう。

*残債がある場合について

残債がある場合、ローンの組み方は2通りあります。

1つ目は、二重ローンです。
二重ローンとは、その名の通り、今の家と新居のローンを同時に組むことです。
この場合、月々の返済額が2倍になることは予想できると思いますが、金融機関の審査が厳しくなることも頭に入れておきましょう。

ここで大切にしたいことは、事前の返済シミュレーションです。
すぐに家が売却できて、そのお金が手元に入ってきた場合は比較的簡単にローンを返済できるでしょう。
しかし、なかなか売れずに期間が長引く場合、負担が大きくなり、払えなくなる可能性があります。
家の売却は買い手が現れるかどうかが重要であるため、できるだけ売却期間を長めにとってシミュレーションをしましょう。

2つ目は、住み替えローンです。
これは住宅の売却と購入を同時に行う方に向けて作られ、今の家の売却金額では返済しきれない残債を新居の代金に上乗せして利用するローンを指します。

例を見るとわかりやすいでしょう。
仮に、500万円の残債がある方が3000万円の新居を購入するとします。
このとき、住み替えローンを利用すれば、3500万円が借入額になります。
ここでも事前にシミュレーションをして、ローンを利用しましょう。

□利用手順について

続いては、ローンの利用手順を紹介します。

まずは、自宅の購入希望者と新居探しです。
最初に行うこの作業ですが、手間と時間が多くかかり、負担も大きく困難であるため、いずれも不動産会社の力を借りて行うと良いでしょう。
ローンを利用したい旨を最初に伝えたうえで売却活動に入ると、比較的スムーズに進められます。

続いては、自宅売却の手続きです。
購入希望者が現れたら、不動産会社を通して手付金の額や引き渡し希望日などの調整を行い、買主と売買契約を結びます。
ローンの手続きもあるため、条件がそろったら早めに契約を結びましょう。

売買契約を済ませたら、引き渡しをして売却は終わります。
繁忙期に行う場合は引っ越し会社の手配が整わない可能性があります。
そのため、余裕を持って行える計画を立てましょう。

最後は、ローン残債の手続きです。
家の買い手から手付金を受け取るのと同時に、新居の手付金を支払います。
売却と購入を同じ日に行うことで、今の家の融資が問題なく清算されます。

□ローン利用時のポイントについて

最後に、ローンを利用するときのポイントを2つ紹介します。

1つ目は、将来の子供の養育費を考えることです。
二重ローンや住み替えローンを利用する方は特に将来のことを考える必要があります。
子供が高校生や大学生になると養育費が膨らむため、その時期をしっかり考慮に入れて、返済額の設定をしましょう。
年間返済額を額面収入で除することで返済比率が算出されますが、その数値を20パーセント以内にして組むとことをおすすめします。

2つ目は、収入合算できる銀行も探すことです。
ローンを提供している銀行の中には、連帯債務や連帯保証によって、夫婦の収入合算を行える銀行もあります。
単独で行うのに不安がある方は、連帯債務や連帯保証を認めてくれる銀行を探しましょう。

851625_s

□まとめ

今回は、住み替えを行うときのローンについて紹介しました。
ローンを利用するときは、まずは現在の家のローン状況の確認をし、それに合わせて「どのローンを利用するのか」「返済期間はどのくらいにするのか」などを決めていくと良いでしょう。
将来のことについて時間をかけて考えてからローンを利用しましょう。

このページのトップへ

このページのトップへ

Copyright(C)あららぎ不動産株式会社 Inc. All Rights Reserved.