不動産の売却が初めての方へ

選ばれるな理由

不動産買い取りの流れ

買取のメリットでメリット

私達の地域へのこだわり

買取余剰金返還システム

  • お客様の声

あららぎ不動産採用情報 笑顔づくりの仲間、募集中

浜松不動産売却センターの3秒査定

売買HP中古住宅・中古マンションナビ

あららぎ不動産コーポレートサイト

TSUNORU2020採用サイト

不動産売却の豆知識

マンションからの戸建てをお考えの方へ!住み替えのメリットをご紹介!

マンションからの戸建てをお考えの方へ!住み替えのメリットをご紹介!

現在住んでいるマンションから引っ越して、新たな新居に移りたいと考えている方はたくさんいらっしゃるでしょう。
しかし、マンションを住み替えるメリットはいまいち明確ではないですよね。
そこで今回の記事では、マンションから戸建てへと住み替えるメリットについて解説していきます。
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

住み替えのポイントについて

□住み替えのポイントについて

マンションから戸建てへの住み替えには、いくつかメリットがあります。

1つ目は、音漏れを気にしなくて良い点です。
マンションに住んでいると、近隣住民との距離が近いため音漏れしていないか気になってしまうという方もいらっしゃるでしょう。

特に小さい子どもがいるご家庭では、子どもの鳴き声などが下に響いていないか心配になる場面も多々あると思います。
戸建てに住み替えるとそのような心配は軽減されます。

子どもの泣き声だけでなく、掃除機をかける音などの生活音も気にしなくて済みます。
部屋が汚れてしまっても、周りのことを気にせずに掃除できます。

2つ目は、ランニングコストが無くなる点です。
戸建てに住み替えると、管理費も修繕積立金もかからなくなります。
マンションに住んでいると毎月支払わなければいけないこれらの費用も、戸建てに引っ越すことで払う必要が無くなります。

3つ目は、規約が無い点です。
マンションに住んでいると、ペット禁止や玄関前に物を置けないなどの規約があると思います。
しかし、戸建てにはそのような規約がありません。

ペットを飼育でき、玄関の前をおしゃれにコーディネートできます。
庭がついている戸建てであれば、ガーデニングをしたり、趣味に打ち込んだりできます。

4つ目は、建物が無くなっても土地が残ることです。
ほとんどの戸建は、土地と建物を合わせて購入します。
建物は経年劣化によって古びてしまいますが、土地は古くなることがありません。
たとえ建物の資産価値がなくなったとしても、土地の価値が残ります。

マンションでは土地の権利を持つことはできません。
しかし、土地の権利を持てる戸建であれば土地だけで売却できるため、建物が売却できる状態でなくても安心ですよね。

このように住み替えるメリットはたくさんありますが、不安な気持ちは残ってしまいますよね。

特に「ローンが残っていても住み替えができるのか」とお悩みの方がいらっしゃるでしょう。
実は、ローンが残っていても住み替えはできます。

ただし、売却して物件を引き渡す前にローンを完済する必要があります。
また、抵当権を放棄しなければいけません。
抵当権が設定されたままの物件は、住宅ローンの返済を遅らせていると売りに出されてしまう可能性があります。
まずはローンを完済を最優先で行い、その後に本格的に住み替えの計画を立てていくと良いでしょう。

□住み替えの流れについて

まずは資金計画を立てましょう。
売りに出すマンションの価格を査定しもらい、マンションを売りに出します。
不動産会社に仲介を頼む場合は、仲介する不動産会社が契約内容によっては買主を探します。

買主が見つかった後はマンションを引き渡し、戸建住宅を探し始めます。
このように、現在持っている物件を売却した後に新居を探すことを「売り先行」と呼びます。
売り先行の反対は「買い先行」と呼ばれます。

資金計画を立てる前に、マンションのローンがいくら残っているかを確認してみましょう。
残債を確認することで、新居の購入資金にどれくらい充てられるのかを計算できます。
マンションを査定する時は、可能な限り一括査定をしない方が良いです。
なぜなら一括査定では不動産会社の対応が悪かったり、フォローをしてもらいにくいからです。

不動産会社を選ぶ場合には、早さを意識するのではなく、じっくりと自身の条件に合う会社を選ぶことがおすすめです。

マンションを売り出す時には、できるだけローンが二重にならないように注意しましょう。
二重ローンになると、必要な資金がローン支払いのせいで調達できず、せっかく住み替えを行ったのに理想の戸建てに住めない可能性があります。

マンションの売却と新居への住み替えのタイミングが同時であると良いですが、スムーズにいかない場合があります。
先にマンションが売れてしまった場合は、賃貸住宅を借りる方法があります。

マンション方戸建てへの住み替え時期を見極めるときは、「マンションの販売価格」と「売却価格」の変化に注目するようにしましょう。
2012年からマンションの価格は上昇傾向にあるため、マンションを売却する場合は安定した売価がつくでしょう。

住み替えの流れについて

□まとめ

今回の記事では、マンションから戸建てへの住み替えの手順についてご紹介しました。
マンションから戸建てに住み替える場合は、スケジューリングすることが大切です。
ぜひ戸建てへの住み替えをご検討してみてくださいね。
また、浜松市周辺で何か住み替えについて質問や相談がある方は、ぜひ当社までお気軽にご連絡ください。

このページのトップへ

このページのトップへ

Copyright(C)あららぎ不動産株式会社 Inc. All Rights Reserved.