不動産の売却が初めての方へ

選ばれるな理由

不動産買い取りの流れ

買取のメリットでメリット

私達の地域へのこだわり

買取余剰金返還システム

  • お客様の声

あららぎ不動産採用情報 笑顔づくりの仲間、募集中

浜松不動産売却センターの3秒査定

売買HP中古住宅・中古マンションナビ

あららぎ不動産コーポレートサイト

TSUNORU2019採用サイト

不動産売却の豆知識

浜松で不動産売却をお考えの方必見!売却に適した時期を紹介!

「今度不動産売る予定だが、時期によって売れ行きが変わったりするのだろうか?」
「不動産を売ろうと考えているが、初めてのことなのでどの時期に売りに出すのが良いのか分からない。」
このようなことをお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
失敗して後悔しないためにも、できる限り売れ筋が良いシーズンに売りに出したいですよね。
実は物件が売れやすいシーズンというのは明確に存在します。
この時期さえ押さえておけば、かなり理想に近い売り方ができると思います。
ここでは、売却に適した時期を紹介していきます。


□1月から3月

年度末である3月には転勤や入学といったイベントが多く、人が住む場所を変える可能性が1番高い時期です。
4月からは新生活が始まるので、それまでには住宅を確保したいですよね。
住宅の売買はかなりスケールが大きく、スムーズに事が進んでも1ヶ月はかかるので、2ヶ月くらい前から物件を探し始める人が多いです。
そのため、1月から3月の時期には非常に物件の売れ行きが良くなります。
またこの時期がシーズンである理由はもうひとつ存在します。
年末年始に実家に帰省をした時に新居移転を勧められて、そのまま新居探しを開始するパターンです。
この場合、帰省が終わった1月上旬から動き始めるので、1月上旬は特に狙い目です。


□8月から9月

新年を新しい我が家で迎えたいという方は、余裕を持って年末までには引っ越せるように逆算してプランを立てます。
その場合、約2ヶ月前の10月くらいがピークであると考えられるのですが、仕事や学校との両立を考えるとかなり中途半端な時期です。
そのため、キリよく9月から新居に移ろうと考えて実際にこの時期に動く方が多いです。
また、上記のように帰省の影響というのはこちらでも大きいです。
お盆の時期に帰省して新居移転を勧められて、そのまま新居探しを開始するパターンです。
こちらも相まって、8月から9月が第2シーズンであると言えるでしょう。


□まとめ

・転勤や入学の直前であり、年末年始の帰省時に新居を勧められた直後である1月から3月は売れ行きが非常に良い。
・新年を新居で迎えたい方や、お盆の帰省時に新居を勧められた方が多い8月から9月が第2シーズンである。

以上が、売却に適した時期です。
売却のシーズンを知らずに、いつ売りに出すのが良いのかが分からなかった方には、ぜひこちらを参考にしていただければ幸いです。
何か分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ

このページのトップへ

Copyright(C)あららぎ不動産株式会社 Inc. All Rights Reserved.