不動産の売却が初めての方へ

選ばれるな理由

不動産買い取りの流れ

買取のメリットでメリット

私達の地域へのこだわり

買取余剰金返還システム

  • お客様の声

あららぎ不動産採用情報 笑顔づくりの仲間、募集中

浜松不動産売却センターの3秒査定

売買HP中古住宅・中古マンションナビ

あららぎ不動産コーポレートサイト

TSUNORU2019採用サイト

不動産売却の豆知識

権利書は必要?浜松でマンションを売ることを検討中の方へ

権利書は必要?浜松でマンションを売ることを検討中の方へ_main

「マンションを売却するときに権利書がいるのか知りたい。」
マンションを売却しようと考えている方の中には、このような疑問をお持ちの方がいらっしゃるでしょう。
結論から言うと、権利書は必要です。
ここでは、権利書が必要な理由と紛失した場合の対処方法を、浜松の不動産会社がご紹介します。

9403e2f168b1e3249db29c636e398bb8_s

□マンションを売却する場合に権利書が大切な2つの理由

*本当の所有者を確認するため

マンションの売却を不動産業者に依頼した場合、依頼主が実際に売主かどうかを判定する機会が必ず設けられます。
この機会を「真の所有者の確認」と呼びます。

不動産を売買したときは、登記簿謄本(とうきぼとうほん)の所有者を変更するのが一般的でしょう。
ですが、所有権移転登記は義務化されていないため、登記簿謄本に記載されている名前と真の所有者が違う場合が考えられます。
そのため、「真の所有者」なのかを確認するために、「真の所有者」しか持っていない権利書もしくは、登記識別情報通知書で確認します。

*移転登記に必要だから

マンションを売却するときは、所有権の移転登記をします。
所有権の移転登記を申請するときは、一般的に司法書士に依頼するのがほとんどでしょう。
そのときに提出する書類は、「権利書」、「委任状」、「印鑑証明書」、「固定資産税評価証明書」、「住民票」があります。
その中でも「権利書」は、引き渡しの時点でも、所有件移転登記をするためにも必要となる書類です。

このように、権利書はかなり重要な書類なので、なくさないように管理・保管する必要があります。

□権利書を紛失してしまった場合の対処方法

上記では、マンションを売却するときに権利書を持っておく重要性をご紹介しました。
しかし、権利書を紛失してしまうこともあると思います。
ここでは、権利書を紛失してしまった場合の対処方法をご紹介します。

基本的には、権利書を紛失してしまった場合、再発行してもらえません。
その代わりに、司法書士や法務局で本人確認の手続きを行うと、権利書の代わりで本人確認が有効になります。
本人確認の手続きをするには、司法書士に依頼して本人確認してもらい、「本人確認情報」を作成してもらいましょう。

2574fe85963b2664e2e5afb0e72e7c60_s

□まとめ

今回は、マンションを売却するときに権利書を大切に保管しておくべき理由と紛失した場合の対処方法をご紹介しました。
権利書は、真の所有者の証明をするためや、移転登記に必要です。
よって、紛失しないように管理・保管することが大切です。

このページのトップへ

このページのトップへ

Copyright(C)あららぎ不動産株式会社 Inc. All Rights Reserved.