不動産の売却が初めての方へ

選ばれるな理由

不動産買い取りの流れ

買取のメリットでメリット

私達の地域へのこだわり

買取余剰金返還システム

  • お客様の声

あららぎ不動産採用情報 笑顔づくりの仲間、募集中

浜松不動産売却センターの3秒査定

売買HP中古住宅・中古マンションナビ

あららぎ不動産コーポレートサイト

TSUNORU2019採用サイト

不動産売却の豆知識

【浜松の不動産が解説】不動産売却の買取と仲介の違いとは?

「不動産売却の買取と仲介の違いが分からない。」
「買取と仲介の特徴が知りたい。」
このように、不動産売却の買取と仲介について知りたいと思っている方は多いのではないでしょうか。
売却方法の特徴を知っていなければ、自分に合った売り方ができません。
しかし、違いを知ることはなかなか難しいです。
そこで今回は、不動産売却の買取と仲介の特徴について簡単に解説します。


□買取とは

*特徴

不動産の買い取りを専門とする、企業や不動産が物件を直接買い取る方法です。
仲介と比較すると一般的な方法ではありませんが、物件の状態や条件によっては、買取の方が高く売れます。
売り手が直接企業や不動産に売却するため、仲介手数料が必要ないという点が特徴です。
また、物件を早く確実に現金化することができます。

*メリット

買取のメリットは、「買い手を探す必要が無い」「早期的に売却可能」「仲介手数料が不要」「物件の広告が出ない」などが挙げられます。
買い手を探す必要が無い分、早く売却することができるため、すでに引越しの予定を決めている方や、すぐに現金が必要な方におすすめです。
また、仲介手数料が不要という点も大きな魅力です。
仲介で不動産売却をすると、仲介手数料が大きく引かれます。
例えば、売却額が3000万円の場合、仲介手数料はおよそ100万円になります。
仲介手数料がなければ、その分多くの売り上げになるため、買取を選ぶ方は多くいらっしゃいます。
引越しや不動産売却を他の人に知られたくないという方には、物件の広告が出ないことも嬉しいポイントです。
買い手を探す必要が無いため、ご自宅の物件が広告に載ることはありません。


□仲介とは

*特徴

売りたい物件を不動産会社に依頼し、物件を売ってもらう方法です。
この場合、一般的に仲介会社が物件を買い取ることはなく、一般の方が購入することになります。
そのため、購入者が見つかるまでは売却できないという点があります。
また、取引成立時には仲介会社に対して仲介手数料を支払う必要があるため、注意が必要です。

*メリット

仲介では不動産会社が買い手を探してくれるため、自分の希望する金額で取引してくれる相手を見つけられる可能性が大きくなります。
条件に合う相手が見つからない場合は、金額やその他の条件を見直すことで、相手が見つかることもあります。
ただし、物件が必ず売れるという保証がないという点に注意する必要があります。


□まとめ

今回は、不動産売却の買取と仲介の違いについてお話ししました。
それぞれ異なる特徴を持っていますが、確実に、素早く物件を現金化したいという方には、仲介ではなく買取をおすすめします。
当社では、お客様に安心していただける査定を実施しています。
ご不明な点や不安な点をしっかりと説明・解消しますので、ぜひご利用ください。

このページのトップへ

このページのトップへ

Copyright(C)あららぎ不動産株式会社 Inc. All Rights Reserved.